着付けの知識

着付けの習い事をするなら知っておきたい「紋入れ」とは

着付けの習い事をするなら知っておきたい「紋入れ」とは 着付けの習い事をする人は、紋入れについて十分理解しておくことがおすすめです。
なぜなら紋の種類や数、入れ方などでその着物の格式が変わり、どんなシチュエーションで着られるのかが変わってくるからです。
例えば一番格が高い第一礼装に利用できる五つ紋は、左右の胸元と袖、背中の五か所に紋が入れられています。
冠婚葬祭や公的な儀式など、特別な時に着ることが出来ます。
左右の胸元、背中の三か所に入った三つ紋は一つ格が落ち、略礼装に利用されます。
入学式や七五三、披露宴などに着ていけます。
そして背中に一つ入った一つ紋はちょっとした行事ごとに重宝するため、習い事をしている人にぴったりでしょう。
紋入れは入れ方によっても格が変わるため、自分がどんな場面で着付けをしたいか想定してから入れると良いでしょう。
反物でもすでに出来上がった着物にも入れられ、後から入れなおしたり消すことも可能です。
習い事をするなら知っておきたい大切な知識の一つです。

習い事で着付けを学ぶ前に知っておきたい「湯通し」とは

習い事で着付けを学ぶ前に知っておきたい「湯通し」とは 着付けの習い事をするからには知っておきたい知識のひとつに、「湯通し」というものがあります。
これは着物に仕立てる前の段階でおこなわれる作業で、生地をぬるま湯に浸すことで付着している「糊成分」をとりのぞき、風合いを柔らかくし縮みも防ぐことができます。
反物のなかにはすでにこの作業を施したものもあり、特に縮みやすい木綿などはこれを省いて仕立ててしまうと、丈が短くなってしまうことがあります。
なぜ「糊成分」を取り除いたほうが良いかというと、糊の付いたままの生地というのは、もともとの風合いと異なり固い状態です。
そのまま着用すれば座りじわなどがしっかり付いてしまいますし、水で濡れるとしみの原因にもなりやすくなります。
ただし、全ての素材に施せるものではなく、しぼり・色が落ちやすいもの・刺繍があるものなどはおこなうことができません。
習い事教室の中で、湯通しの知識についても教えてくれるところもあるでしょうから、とくに着物を新調したいときなどは、あらかじめ詳しく知っておくと良いでしょう。

新着情報

◎2023/8/4

情報を更新しました。
>習い事だけでなく独立もできる着付けの資格とは
>習い事の中でも着物の着付け教室は人気があり無料で体験教室を行っている
>着付けの習い事では着物の種類について学べる
>着付けの習い事は自宅でも行えるって本当?
>習い事で人気が高まる着付けの習得時間を知る

◎2021/12/8

情報を更新しました。
>着付け対策には習い事に通うことで初心者でも取得出来る
>男性の着付けの習い事は今意外と注目されている
>着付け教室の習い事にかかる費用の相場とは
>仕事をしながら着付けの習い事をしたい時の教室選びのポイント
>着付けの習い事は性格で決めることがポイント

◎2021/1/15

無料体験は複数通ってもいい?
の情報を更新しました。

◎2020/10/28

取得できる資格の種類
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「習い事 理解」
に関連するツイート
Twitter

返信先:これは日本の伝統芸能の習い事をしてる皇族や華族の方々におっしゃれば?ですね 「元々は外国人の方に日本人の心が理解できるのでしょうか?」

返信先:そんなことがあったんですね…。 若い世代は多少は(多少は、ですが)理解度深まってるかもしれませんが、習い事の先生は80歳近く… まぁ難しいですよね。 言わなくていいなら言いたくない でもどうするのが正解かわからないし 言っても言わなくてもどっちが正解かわからなさそうです…

だいぶ前に発達相談してきたんだけどさー 「習い事増やして」って言われてさー 簡単に言うなよーってなったわ この子は学校無理だよwじゃねーんだよって そんなこたぁ知ってるし理解してるしそもそも行ってねーし 病院でも軽く「学校無理だねw」言うけどさ 専門家が軽口で言うことではなくないか

娘の習い事あるからそれで解散になって皆で駅まで。習い事はチャリで行ってるけどせっかくなら一緒に電車でと思ってしまって駅まで一緒に歩いてた。なのり色々噛み合わなくて話が理解できてない言ったことが聞こえてないクソ耳遠いせいで気づいたら勝手に別行動で買い物しに行ってた。はぁ?

返信先:なんで女性だから感情的なんて言われるのか、全く持って理解できない。単に女性に子育てなど感情労働をさせてたからじゃないの?としか思わないんですよ… 実際子どもの習い事とか見ても、ぐずって泣いてる子ほとんどだんj…これ以上はやめます😂 女性上司、いいですよね!わかります。